• mhmiha2017

BONES ~骨は語る。


今回の話は、海外ドラマ話ではなく、友人の同僚クレームを

延々と聞いたときの出来事である。

ウーー痛いよーーオ。

雨のせいではない。友人の話を聞いているうちに、折れている骨が

泣いているのがわかった。

人の怒りや我慢が限界に達したエネルギーが発するものは

さすように痛いのかもしれない。

ズキズキと痛む骨は語っていた。

「やめてくれー。もうええ加減してー。」

弱っている個所は、自己防衛反応から、いつもより鋭くそれを感知して

しまうのだろう。

勿論、言っている本人もそのまま受け取っているに違いない。

だから、口元がいつもより下がっているように感じる。

誰かに言ってしまいたいときはある。

それが悪いわけではない。

しかし、その時は文句たらたらのままで終わらずに、

それに対してどうするかまで考えて話すことが大切ではなかろうか。

そうすることで、両者の身体にかかる負担がかなり軽くなると感じるのだ。

また、前向きにもなってくるだろうし。

私の 折れたBONE は 語ってくれた。

BONESリーディングやったら何かわかるかな。

でも、どうやってやるのかしら。

レントゲンをリーディング?

そんなこんなで、骨折メッセージの大事さを痛感した日だった。


197回の閲覧

最新記事

すべて表示

恋は条件じゃないですよ。

彼女は、私がまだ駆け出しのころからのお客さまです。 だから15年以上となりますね。 大変キュートで、恋多き女性です。 15年の間、彼女は、気になる男性が現れると、必ず自分の想いを 行動にあらわす人でした。 それはそれは真正面にぶつかるので、落ち込んでいたりしましたが、 切り替えも人一倍早かったように感じます。 そんな彼女が、数々の気になる男のリーディングを経て、 ついに最高のパートナーと出会い、結

納得の恋ばな。

恋の悩みのリーディング。 本当にたくさんの恋に出会ってきました。 そんななか、お客さまが自分で気付いていった恋の真髄。 その琴線に触れる名言をいくつかご紹介していこうと思います。 皆さん、恋多き女子。何度も転びながら得たものはプライスレス。 いつも真正面でぶつかる方々です。 私は、そういうストレートな人、大好きです。 今日も骨休息が必要なので寝ます。ZZZ

About Name Reading

ルームにて、お名前をペンでぐるぐる囲いながらリーディングし、カウンセリングをしていくというスタイルです。
お客様が現状に向き合い、いい未来を作っていくための気付きと元気を生むお手伝いと考えます。

Designwork & Illustration Powerd by © Cumo

このサイトに使用されているロゴマークやイラストは無断でのご使用は禁じます。

また、投稿された画像も同様に、著作権の放棄はしておりません。

ご利用される場合には、管理者にお問い合わせください。

© 2017 Madame Mihaeru