© 2017 Madame Mihaeru

このサイトに使用されているロゴマークやイラストは無断でのご使用は禁じます。

また、投稿された画像も同様に、著作権の放棄はしておりません。

ご利用される場合には、管理者にお問い合わせください。

Designwork & Illustration Powerd by © Cumo

About Name Reading

ルームにて、お名前をペンでぐるぐる囲いながらリーディングし、カウンセリングをしていくというスタイルです。
お客様が現状に向き合い、いい未来を作っていくための気付きと元気を生むお手伝いと考えます。

おのれ判定基準を大切に。

May 29, 2017

一つの事柄について、複数の人の話を聞きすぎて、一体どれが本当の話なのか自分の頭の中で混乱したことはないだろうか。


以前私は、今の比ではない程にかなりなおっちょこちょいだった。
聞いた話に一時停止ボタンを押し、よく吟味してみるということを一切しないアホだった。本当にたくさんの話を鵜吞みにして痛い目に合ってきた。

 

簡単な例を挙げると、
言行が一致しない人を見抜けないってやつ。


どこかで違和感はあるのだが、それを誰かにに話してみて反対の意見をされると、自分が嫌な奴だと反省していた。しかし、後々には自分の感じたことが正解、という事実が浮き彫りになることがほとんどだった。


その経験から、一時停止ボタンを押し、自分の判定機を頼りにすることを覚えていったのだ。

 

人づて話には尾ひれが付いているし、その人の個人的な見解も注入されている。話のリレーの途中で少しずつ違うニュアンスに変換されていくのが常だ。その「鵜呑み」を、お勧めできかねるのは当然であろう。


人の都合というフィルターを通さない話は、聞いていても元気が出てくる。
ピンボケ話は焦点が合っていないので気持ちが沈むし体調も悪くなる。

フィルターを通した話をしている人の声もキンキンしていて耳障り悪しだ。


何か変だとモヤモヤする感じがしたり、寒気がしたりする話に対しては、

必ず、


「なにか臭うなー。」


を大事にし、立ち止まり自分の中に発生した矛盾を受け入れていただきい。

おのれ判定機を疑うことなかれ。
自分がピンときたこと、しっくりきたこと、前向きになれたこと、それらこそが必要な情報なのだ。


それは、私が数々の失敗から得た、頼りにしている判定基準である。

 

Facebook
Twitter
Please reload

RECENT POSTS

FEATURED POSTS

Please reload

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

FOLLOW US

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Google+ Icon
  • Grey Pinterest Icon
Please reload

CATEGORY