じっくり見ないで捨ててみよう。


「物が捨てられない。だって思い出があるし。」

だってだって、でモノがあふれてやいませんか。

わたしは、比較的、物を捨てているようだ。捨てなきゃよかったと思うこともあるが、そのことさえもすぐに忘れてしまう。思い切りはいいほうだろう。

必要なものは覚えているにちがいないと信じている。

忘れているということは、そういうことであろう。

片付けながら、キープボックスにいれたものの中には、すっかり忘却の彼方へ消え去っていたものが複数あるはずよ。

それらをまたキープしても、来年になればイメージさえも浮かんでこない確率は高い。

もう一度言いますわ。

必要なものは忘れないのである。

目にしてはじめて思い出したものは、迷わずに

さよならボックスに入れてみようではないか。

すっきりするでー。


CATEGORY

RECENT POSTS

FEATURED POSTS